2015年06月20日

『妊娠しやすい体質』となるために改善・解消すべき「3つの問題」

『妊娠しやすい体質』になるためには、大きくわけて「3つの問題」があり、それぞれを改善・解消していかなくてはいけません。


まず初めに『妊娠しやすい体質』というのはどのような体質を言うのか?

簡単に説明しますと…


血液の流れが良好

ホルモンバランスが良好

という『2つの条件』が揃っていることが大前提となります☆



そしてこの『2つの条件』を邪魔しているのが…

▼冷え性

▼低体温

▼ストレス

というような症状なんです…






女性の半分以上、さらに不妊症に悩む女性の8割を越える方が抱えている…と言われる【冷え性】は、血液の流れが滞ることが原因で起こります。



血液の流れが悪くなった状態では、栄養や女性ホルモンが充分に子宮に届かないため、【妊娠しにくい体質】となりますし、婦人系疾患を引き起こす原因ともなるため、不妊症という状態に陥る大きな原因でもあります。



また低体温症の場合は、免疫力が低下するため、婦人系疾患などの病気を引き起こす原因となり、これも不妊症の原因として、深く関係しています。



posted by カンナ at 00:11| Comment(0) | 不妊症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。